ティーボールの試合ってどうやるの?

成城ダイヤモンド・スターズでは、どか点ゲームという、やさしいルールの試合で、まず子どもたちに、打つ、走る、取る、投げるの全部を楽しく体験してもらいます。

ルールは簡単です。打ったら、相手チームがボールを取り、ホームに投げ返すまでに、できるだけベースランニングをします。1塁まで到達できてたら1点、ホームまで帰れたら4点、ボールが返ってきてなかったら、2周目に突入!5点でも8点でも点が入るので、「どか点ゲーム」と名前がつきました。

ティーボール大会の正式ルールではありませんが、子ども達が大さわぎしてはしゃぎまわること間違いなし!初級者用のゲームです。打順が一巡したらチェンジなので、みんなに打つチャンスがあります。全員が走りまわってボールを取り、投げるチャンスがめぐってくるのも、野球やサッカーとはちがうところです。ぜひ、みんなで楽しみましょう!!

どか点ゲームほかティーボールのルールに関する詳しい資料(東京ティーボール連盟)