成城ダイヤモンド・スターズとは

元々は、2019年秋〜2020年春にかけて、明正小学校で活動していたティーボール教室です。

名前の由来は、日本ティーボール協会世田谷区連盟と世田谷区軟式野球連盟が立ち上げた「ダイヤモンド・キッズ・プロジェクト」です。

このプロジェクトと同じように、子どもも大人も楽しいイベントになるよう期待をこめました。野球の裾野の拡大に関心をもつ地域のボランティアと大学生コーチによって運営されています。

この夏は、野球教室を開催しています。

「ティーボール はやらないの?」

そういうわけではありません。実は、成城ダイヤモンド・スターズの人気をうけて、明正小学校はこの春に大変多くのティーボールセットを購入くださいました。遊び場開放などでもティーボール教室をやる予定だったのですが、残念ながらコロナのために年内は難しそうです。

一方で、明正小と成城学園で活動している学童野球チームがこの夏は本格活動をしないことから、彼ら彼女たちと一緒に、成城野球教室をやることにしました。これが経緯です。

「ついていけるかな?」

大丈夫です。

お子さんの年齢とレベルにあわせて、柔らかいボールやバットを使って基礎に力をいれたり、或いはJ号球を使った本格的なノックやバッティングに入ったり、色々なメニューを組みますのでご安心ください。

ご質問などございましたら、ご参加お申し込みフォームのコメント欄よりお寄せください。

お会いできますことを楽しみにしております!

代表

齋藤充弘:京都府で6回の優勝・準優勝がある洛星中学出身です。自身も府大会優勝・近畿大会出場を経験しています。高校は府大会ベスト8。「ふつうの子が力を合わせて勝つ野球」「文武両道に通じる自己研鑽を野球から」がモットーです。野球をする子が増えてほしいと願い、色々な体験企画を行っています。野球を楽しみ、努力と成果の関係を知り、それを社会人として生かしてほしいと思ってます。3球児の父。